読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

works4Life

飯と酒と時々GTD

「経験値」を伝える技術

ディープスマート

  • P16 本書では、組織とマネジャー個人に大きな優位をもたらすちしきを「ディープスマート」と呼ぶことにする。
  • P16 ディープスマートは、その人の直接の経験に立脚し、暗黙の知識に基づく洞察を生みだし、その人の信念と社会的影響により形づくられる強力な専門知識だ。それは、数ある知恵のなかで最も深い知恵である。ディープスマートは、個々の情報よりノウハウに基礎を置く。複雑な相関関係を把握してシステム全体の把握に基づく専門的な判断を迅速に下し、必要に応じてシステム細部にも踏み込んで把握できる能力である。その能力は正式の教育では身につかないが、計画的に育むことはできるし、献身的に努力すれば、他人に移転することも再創造を促すこともできる。
  • P92 「不確実性から逃れられないことに気づくと、世界との接し方が変わる」
  • P116 この本で焦点を当てるのは、このような知識の構築だ。単なる知識の組み立てではなく、人間に蓄えられる(主として暗黙の)知識の構築に注目する。知識の構築が常に知識の組み立てより戦略的優位を生み出すとは限らない。
  • P117 人脈もディープスマートの一種
  • P125 「甘ったるい触れ合いなんてない。想像を絶するくらい誠実な人間だ。会議室に入ってくると、ソクラテスメソッドで質問を浴びせ続け、相手を降参させてしまう」
  • P168 新しい状況で成功するためには、状況を別の枠組みで見ればいいというのだ。そのためには、たとえば、新しいエキサイティングなチャンスがそこにあり、チームの仲間が成功のために欠かせない存在であると考え、その興奮と助け合いの精神をチームに伝えればいい。
  • P229 アドバイスを消化できなかったり、実行しなかったりした場合は、もう会わない。
  • P230 組織内で見習いレベルの人間を知識コーチとして活用する場合は、その人間がどういう経験をしていて、どうい要素がレパートリーから欠けているかを把握する必要がある。
  • P254 ベテランコーチのクレーグ・ジョンソンによれば、新興企業が遭遇する問題の多くは、物事を正しい順番にやらないため起こるのだという。
  • P258 ソクラテスメソッド 古代ギリシャの哲学者ソクラテスは、教え子たちに質問をして答えさせる対話型の教育方法のほうが一方的に知識を伝えるよりはるかに効果的であることに気づいた。
  • P300 いまや情報伝達の速度は、人間の自然な学習のペースを上回っている。レセプターは、レクチャー、シミュレー(以下文字化け不明)