works4Life

飯と酒と時々GTD

2010年の手帳が決まりました。

前の記事で、以下のように手帳の要件を決めて、東急ハンズに乗り込んでいきました!

2010年の要件ではずせないものは下記の通り。

  1. サイズはA5
  2. フォーマットは月間ブロック型+メモを保有する
  3. カバー付
  4. 軽いもの
  5. シンプルなもの

神様会議の月はまだだけど、2010年に向けて手帳について振り返る - works4Life season V

 

結果、以下の手帳を購入しましたどーん。

 

 

……。えー、要件から見ると随分モノがいいたくなる感じもなきにしもアラズなわけなのですが、要件を振り返ってみましょう。

 

要件の振り返り

1.サイズはA5

◎。A5です。このサイズは守りたいところでしたので、死守しています。

2.フォーマットは月間ブロック型+メモを保有する

○。月間ブロック型です。メモもあります。でもメモはどうしてもフリーエリアタイプになってしまいましたが、メモがないのもあったのでよしとします。

3.カバー付

◎。透明カバー付きです!

4.軽いもの

◎。帰って量ったら147gでした。カバーがついているので、こんなもんかと。

5.シンプルなもの

×。ここが全く異議申し立てをしたくなること請け合いです。ブログを見ている友人に手帳を見せたところ、随分あきれ返られたものです。しかし、これはこれでいいのです。この要件にすら入っていない、最大にして必須の要件を満たせたのですから。それは、以下の要件だったのです。

6.私が1年間使って心地よいもの

手帳広場をうろうろ回って

手帳広場には、2010年の手帳がずらっと並んでいました。久々にやってきた手帳広場でウキウキランランです。この時のウキウキランランは、「私の要件を満たす手帳の候補がこんなにもあるー!」です。しかしながらその高揚感はすぐさまにもメッタ斬りされました。

結構探しては見たのですが、なかなかにない! 高橋手帳や能率手帳は、そもそも私の方向性自体と手帳の方向性が合わず、要件を満たすものがありませんでした。A5がそもそも少ないし。仮にあったとしても、メモの分量が半端なく多かったり。どうやら私はターゲット層から外れてるみたいです。

今記事を見ながら2010年手帳にくわしく特集ページのあるKDMさんを見てたらば、確かにA5月間は少ない。

ラコニック・COATED・マークス・エトランジェ・ユナイテッドビーズが取り扱っているみたいです。ハイタイドとか無いよー(涙)。(ちなみに私は手帳はメイカー名で判別するタイプです)

で、もうここまで来たら、F.O.B.CORPのさっくりA5のマンスリーオンリーで、という気になってきましたが、いっそそれなら、と思って、キャラクター手帳まで範囲を広げてみました。ちなみに、F.O.B.CORPは以下のような手帳です。非常にシンプルです。2009年手帳の最終エントリーの一つでもありました。

で、探してた折、今回の手帳が目に入ったのです。そして、手帳を広げたらもう、これしかないと思ってしまった。

「おはよう」

陽がのぼる。

その先の森から。

その先の海から。

1日がはじまります。

そんなメッセージと一緒に、カラフルなイラストが1ページ目に広がっていました。

 

 

私がこんなにまでに手帳を買うのに心血を注いでいるのは、1年間手帳と共に暮らすためです。よほどのことが無い限り、私は手帳を買ったら1年間使うことを、誓います。途中で嫌になるかもしれない(というか大半)、それでも私自身は、「1年間この手帳を使う」ことを心に誓い、手帳を買うということで契約を交わします。

契約なんて大げさな! と思うかもしれません。けれども、1000円~2000円がメインの手帳にここまで拘るのはどうしてだろうか? それはもう「1年間」苦節を共にし、役立つ従者として手帳を選ぶからだろうと、私は思うのです。

6.私が1年間使って心地よいもの

だから、密かに隠れていた6番目の要件は、必ず満たさなければなりません。1年間続けて使うのに、その手帳を嫌になって契約を破棄したくなるようなものでは、あってはなりません。だからこそ、5番目の要件のように、途中で嫌にはならなさそうな、シンプルなものを選びたいと思ったわけです。

それを覆して尚、この手帳にしたのか?

この手帳なら、手帳を開くことが楽しみになる、と思ったからです。あのメッセージが毎日見られる、あのカラフルなイラストが手帳のそこらかしこに世界が広がっています。黄色のやさしい顔した太陽が、手帳を開くと私を迎えてくれるのです。

念のため、この手帳を見つけてから、再度シンプルな月間ダイアリーを見直しました。シンプルな画面は恐ろしく味気なく映って見えました。

 

こうして、私はあの手帳をレジに持っていったのです。

 

手帳選びのアクションリスト

さて、私の2010年の手帳契約は終了しました。今回は、とっても満足した契約を交わすことができて、私は非常に嬉しいです。

 

もうすでに手帳を買った人、これから手帳を買う人、いろいろな人があるだろうと思います。私はこの契約活動を毎年楽しみにしています。悔いのない手帳選びをしてください。

今回行った作業内容を来年にも持ち越すために、以下にアクションリストとしてまとめて今回は終了です。

 

  1. 前年度予定の手帳を見直し、よく使った部分とそうでない部分をリストアップする
    (月間ブロック・週間バーチカル・週間バーチカル横メモ等がリストの項目になります)
    1. リストアップした内容の個々について、何用に使ったのかを書き出す
      (ここは重要。手帳にどういう機能を求めているのかがわかってくる部分です)
    2. リストアップした内容の個々について、○×方式で判定する
      (○×を一旦つけることで、心持ちがはっきりします)
    3. リストアップした内容の個々について、来年持ち越したい内容を決める
      (わかんなかったら○の項目を持ち越します)
  2. 今年度に追加で手帳で使いたいものを、上記のリストの最後に付け加える
    (こっちは希望)
  3. 上記のうち、今年度手帳で使えそうなものを囲む
    (こっちはそのうち手帳で対応できそうなものを選ぶ)
  4. 手帳の要件を決める
    1. サイズ(A5とかB6とか)
    2. 形状(月間ブロック・週間バーチカル等)
    3. ここだけは譲れないもの(カバーや重さ等)
  5. 要件をメモしてお店へゴー!

 

※ 全部のやりたいことが、手帳でできるとは限らない
※ 要件を満たす手帳があるとは限らない
※ 要件を満たさなくても、自分が満足すればそれでよい