works4Life

飯と酒と時々GTD

【タスク管理】とうとう「たすくま」を購入した

 私をかなり昔から知っている人がいれば、結構なエポックメイキングなことだ。私は、タスクシュートをかなり昔から(多分10年以上前から)知っているにも関わらず、うまく導入しきれないことから実施しようと思わなかった。ところが、つい先日、11/13に「たすくま」を購入した。

 

 ちょっと思った以上にあっさり買ってしまったので、若干自分の行動の理由がわからなくなってきた。ので記録しておこうと思う。

 

経緯まとめ

 最近の経緯をまとめると、ライフハック横浜のイベントに行ってたら、存外ログを取るのに便利そうだなというのがわかってきたこと、タスクシュートはタスクのログを取ることがスタート地点であること、というのを理解し、ごりゅごさんところの記事を読んで、「あ、買お」という気持ちに至ったというのがざっくりとした流れである。

 特に、「タスクシュート」をしたいから買いたい、というよりかは、「ログ管理」を楽したい、という方が理由に高い。

 

だんだん面倒くさくなってきたKanbanFlow

 会社でのタスク管理は、最近KanbanFlowというのを利用しているのだけれども、これがだんだん面倒くさくなってきたし、不満も増えてきた。

 (不満その1)iPhoneが使えない。スマホに特化した画面は作られておらず、PC画面から見ることが必須である。家でいいなと思って使ってもPC画面を見るのはうっとうしくなってきた。

 (不満その2)プロジェクト単位の重複タスクを作るのが存外面倒くさい。というか、毎回1から作り直す必要があるのがうえぇぇぇなのである。

 (不満その3)見直しが面倒。というか、見直しするための機能はそもそもあまり持っていない。

 (不満その4)タスク移動が面倒。不満の末期ともいえる。このタスクツールの根幹ともいえる、タスクを移動することによって達成感を得るはずのこの作業が、なんというかもう面倒くさくなってきているのである。

 で、近日、不満その2のタスクをもうすぐ作成する必要があって、それをするのが本当に面倒だなと思ってて、ほかのツールで何かいいのがないかな、と思って探してみた。

 asanaでGTDを実現するという記事を見かけたもんだから、一度は試してやめたはずのasanaを見たんだけれども、ちょっと実現するにはうーん、という感じでやめたんだった。で、ふと思い出したのが「たすくま」。

 タスクシュートはさておき、ログを取るのが便利―、というのをライフハック横浜で、この半年ほど刷り込みされてきた。かつ上、確かにそのあとのログ集計といった部分もかなり便利そうだというのも、セミナーの中でもbeckさんから教えてもらったし。。。 

 ということで、長い長い時間を経て、ようやく「たすくま」を購入するに至った。

 

今日は2日目

 今日はまだ二日目である。タスクは、記録ベースで、開始するタイミングで追加するのが大半。ログを取るだけのつもりなので、見積もり時間はあってなきがごとし。

 次の日のタスクは初期設定のまま使っているので、前日分がそのままだばーっと展開されたのを修正しつつ使っている。

 しばらくはたすくまの使い勝手の移行を見るのに記事りたい。