読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

works4Life

飯と酒と時々GTD

【昼休み日記】ナイトライダーとか洋画ドラマの紹介

[browser-shot url="http://tv.foxjapan.com/classics/program/index/prgm_id/20110" width="600" height="450" target="_blank"]

私はドラマというと邦画よりも洋画のほうが好きで、昔はナイトライダーとか新スパイ大作戦とか見ていた。ああいう一話完結物がすきなのはここからはじまったのかしらーとか思いながら昨日は洋ドラ三連ちゃんもしてしまったので紹介。単にナイトライダーの感想が言いたいだけとも言うけど。ちなみに今はケーブルテレビで見てる。これがあるからケーブルテレビやめられないんだってば!

 

ナイトライダー シーズン1

[browser-shot url="http://tv.foxjapan.com/classics/program/index/prgm_id/20110" width="600" height="450" target="_blank"]

今回は三話目。見たことのなかったと思われるナイトライダーシーズン1。マイケルとKITTの馴れ初めを見たりできて、KITTのあの性格は最初っからなんだーとしみじみ感心したりながら今回も見ました。

三話目にしてマイケルの無茶振りに部品の一部が壊れてしまうKITT。

マイケル「KITT、音楽を鳴らしてくれ」 KITT「○○(壊れた部品名。忘れた)が壊れてしまったので鳴らせません」 マイケル「そう根に持つなよ」 KITT「根に持つとは人間的な感情で私は持っていません。ですが、○○が壊れたことを私は決して忘れません

いやいやそれ根に持ってるから!超持ってるから!! AI機能なので感情はないはずなんだろうけど、なんだろうこのセリフから醸し出される姑感は。実際は嫁に近いですが。

そしてこのマイケル、今まで気がつかなかったけど実は超でっかい。今回のヒロインの女性と一緒にいてて、断然背丈の差が目を見張るレベル。しいていうなら松岡修造のいる画面を見ているかのよう。と思って調べたら身長193センチだった! そりゃ高いはずだわー。

ナイトライダーは、キャラのやり取りが面白いのでいいです。特にセリフ回しがいい! KITTに関する言い回しはなんですかね、慇懃無礼というか、ですます丁寧語なのにこの失礼な言いっぷりがいいです。一話目でKITTがマイケルに初めて頼みごとをするんだけど、そのセリフが、コレ。

「シラを切ってください」

まさかソレ?!

 

クリミナルマインド

[browser-shot url="http://www.superdramatv.com/line/criminalmind/" width="600" height="450" target="_blank"]

直近だとシーズン9まである、異常犯罪系を主に取り扱うプロファイルとかやっちゃうチーム。警察系の洋ドラは多いんだけど、アクション系、証拠物系、詳細調査系、犯罪特化型系といろいろ多数ある。クリミナルマインドの特徴は、プロファイルして犯人のマインドを読み取ろうというのが売り。

どれを見るかそうでないかは、お気に入りのキャラクターがいるかどうかで決まる。メインの男性3人が見るのに安心感があって、あわせてDr.スペンサー・リードというIQ180ぐらいの天才若手監察官と、テクニカル分析官というPCの操作を専門にやるゴスロリ系ペネロープ・ガルシア、そしてそのガルシアといつも軽口を言い合う体力枠デレク・モーガンがいい味を出している。

うーん、こうやって見ると、セリフのやり取りが趣味かどうかが、私の場合は好みが影響してるっぽい。

でも今見ているシーズンのDr.スペンサー・リードの髪型が変わってしまって、すごい私の中でブーイング。今までださい感じでそこがよかったのに、ストレートな坊ちゃん狩りにしてただ単にいい子ちゃんになっただけで変人っぽさがまったくでなくなってた。でも髪型はシーズンが変わるごとにちょっとちょっと変わっているらしい。最新のシーズン9の髪型を確認したけど、・・・あんまり好みじゃない。。

 

メンタリスト

[browser-shot url="http://www.superdramatv.com/line/mentalist/" width="600" height="450" target="_blank"]

捜査コンサルタントでいけ好かないパトリック・ジェーンが操作網をてんやわんやと荒らしながら解決しちゃうサスペンスドラマ。

ジェーンは一言でどんなキャラクターかというといけ好かないという言葉がとっても似合う、一癖もふた癖もある人物。昔はえせ超能力者として名を馳せてたんだけど、妻と子を殺されて、今は操作コンサルタントとして、警察機関で働いている。いけ好かないんだけど、人の心がわかるようにずばりと言い当てたりして(エセ超能力者として活躍していた名残)なんだかんだといい仕事をする。捜査現場の家に行っては毎回ドリンクを拝借するのもご愛嬌。

なんだけど、今回見たときは既にメインのラスボスをジェーンが殺して(しかも前回見逃してラスボス誰かわからん!) その2年後から始まるという、え、それって最終話に持ってこないの?!という間に1話の間で2年が過ぎ去ったところから始まる出だしだった。

2年を過ぎてもジェーンはジェーン。最初はちょっともったいぶった遅めの話し方にいらいらしたのに、いつの間にか慣れてしまった自分がにくい。2年ほどは殺人したことで逃亡生活してたらしいんだけど、次からは職場をFBIにうつしてまたコンサルやるっぽい。まぁメインの話だしね。でもピークの話題をシーズン途中に持ってきたのは不思議であるけど、ジェーンっぽいといえばそれまでか。

このお話は、最初はジェーンのいけすかない感をひたすら感じていらいらしながら見始めるのが正しい見方だと思う。なんだけど、途中からこのいらいらとも折り合いをつけて、まぁこういう人親戚の一人にもいそうだよね、というような達観しながら見れるようになると思う。

 

ここら辺が最近よく見ている洋ドラマ。ナイトライダーは見るといいよ!