works4Life

飯と酒と時々GTD

【日記】鼻がよすぎると困ること

私の友人で鼻のいい友人がある。あんまり匂わないのに「タバコくさい!」とかそういうのをかぎつけちゃって、人生大変だなーと思っていた。けど思った以上に困ることがあるらしい。

レベル1.体臭が無理

まぁこれはわかるレベル。通常運営な人も、暑い日に限って匂う人もまぁ無理らしい。場合によってはその人が食べた物すら匂ってくるらしい。もちろんタバコを吸ってきた人だってばればれだけど、さすがの私もタバコを吸ってきたのはわかる。喫煙ルームだと、体全体にスモークがかかってるみたいで、タバコ燻製になった気分である。

そんな友人の私の好きなところのひとつに「体臭がしないこと」と言い張るのも頷けるけど、体臭がしないって他の人もほとんどというか皆無じゃないの? て聞いたらほんわかするらしい。匂う? いやー匂わんよ。

レベル2.古着が無理

以前着てた人の残り香とかそういうのが無理らしい。私もすすけた感じがあって苦手だけど、でも私が苦手なのは生地の古ぼけた感であって、そこに誰かが手を通したという感触ではないからなぁ。

レベル3.古本が無理

友人は割りと潔癖なところがあるので、そういう意味でまっさらな本が好きだと思っていたが、そこにも鼻のいい理由が混ざりこんでいた。

「人の扱った本って、手の脂が本の紙に残っててわかるんだよ。ちょっとざらついてさー」

わからん。わからんよ友人、そんな理由だったとはぜんぜん気がつかなかったよ。誰かが使った感触がいやだとかそういう雰囲気的な理由ではなく、具体的な理由があって、古本が苦手だったわけね。なるほど図書館も手垢がついてるから無理っていうのもうなづける。ついでに言うなら新品の服も試着を繰り返すだけでも苦手らしい。

 

解せぬこと

匂いに関するものについてはとりわけ過敏である友人で、なにやら話を聞いてると別世界に住んでるよね?と言いたくなっちゃうこともある。その延長線上なのかわからないが、友人、潔癖なきらいもある。

でもね、私解せぬことがあるのよ。

食べ物でさ、賞味期限が切れたりすると危険じゃない。ああいうのはOKって何でだろう? かなり古くて明らかに腹をこわしそうなものあるじゃない? ああいうものにも寛大なのはなぜなんだろう。カビは匂わないからセーフなのか。脂じゃなければいいのか。。