works4Life

飯と酒と時々GTD

【雑記】iPhone6sのいいところと速くなったので使い始めたアプリ

IMG_5204.JPG

今回iPhoneを4から6sに大幅バージョンアップしたので、費用面以外で悪いことなどないのであるが、買ってよかった感を高めることも含めつつ、よかったポイントを見直していこうと思う。

画面がキレイ

とにかく画面が綺麗。なんというかサンプルでよく合成貼り付け画像みたいなキレイさでいまだ慣れていない感じもする。保護シートはってもキレイ。

速い

速い。アプリの起動が速い。文字変換が速い。速くないと文字打つことすらやめてしまっていたものね。これについては補足を後述する。

軽い

iPhone4に比べて軽くなった!今までiPhone+普通の携帯+wifiルータの380g構成だったのが、たったの143gになるのだからそりゃ軽いもんである。いくらLet's noteが軽くなったって他のところで重かったらしょうがないよね。

薄い

薄い。iPhone4と比べると半分もないんじゃないかな。いつか踏んづけてしまいそうで怖いのでケース買って装着して安心した

画面が広い

iPhone4はまぁこの大きさでしょうがないよね、てことで不満はなかったんだけど、こっちの大きさに慣れたらもう戻れないと思う。でもiPhone 6s Plusの画面サイズはちょっと中途半端だと思うのよね。iPad mini使ってる場合。

 

今回はハード面についてよい点を語ったんだけれどもiOS自体の性能でよくなったことも勿論ある。検索画面でよく使うアプリが出るようになったことが一番嬉しい。頻繁に使うのってそんなにあるわけではないのだから、あってもいいのにーと思ってたので。

いいこと尽くめなiPhone6sだけど、実際使ってあれ?と思ったこともないかと思ったけれどもあったわ。

それでもあったチョットな点、ボタンとジャックの位置が変わってる

慣れの問題だけだと思うけど、電源ボタンの位置が、上から横に変わったので、いまだちょっと慣れてない。上でも横でも私はこだわりはないので、たいしたことはないからそこぐらいかなぁ。

音のサイズを変える部分はそこそこ変わってないし、iPhone4では、買ってすぐに落としてから動かなくなり無視された存在だったので不満が出るべくもないのであった。

 

速さ重要

上記でいろいろ普通によかった点を列挙してきたが、この中でも行動に一番反映されたのが「速さ」である。

何かというと、今までiPhone4なら使わなかったアプリを使うようになったからだ。使うようになったアプリをちょっと紹介しよう。

LINE

言わずもがなのメッセージアプリである。なんだけど、30数秒起動にかかっていたので、お知らせで見るだけで最小限済ませていたというアプリである。6sになって積極的に使うようになった。おもにスタンプを。

Dr.Wallet

写真を撮って送ったら電子データ化してくれるDr.Wallet。いろいろ自動登録するアプリもあったんだけど、修正するのが思いのほか面倒なので、人力登録してくれているらしいこのアプリを使っている。

今までiPad miniの方で登録していたんだけど、6sの方が気楽に登録できるのでいい!写真もあんまりぼやけないのもいい!

映画.com

こちらのアプリは常用してるってのは前にブログで書いた通りなんだけど、あまりの遅さにiPhoneで見るのが本来の使い方なのにiPad miniで見ていた。けど最近はiPhone6sでも見るようになったよ!

Doit.im

あまりの遅さに開かなかったDoit.imも気軽に開くようになった。Doit.imは媒体ごとにびっみょーにインタフェース異なるんだけど、一番使い勝手いいかもしれない。

Googleフォト

念願のGoogleフォトである。おいおいセニョリータ!iPhone4はiOSは7までだからそもそも入っていなかったんじゃないのかい? 入ってなかったのでようやく念願で使えるようになったのである。

 

かように、遅いというものはそもそもアプリを使うのをやめてしまうほどに影響力があったことをまざまざと知ってしまったのである。もともとブラウザも速さ重視だったけどね、ここまでとはね、私も気がつかなかった。