works4Life

飯と酒と時々GTD

EverNoteをとうとう買いました。

私は現在、ReferencesリストとSomedayリストの保管先として、EverNoteを使っています。

フリーでも十分使えるEverNoteですが、バージョンアップしたこととHolidaySaleをしていたこともあって、買ってしまいました。

価格が魅力的

HolidaySaleということで、なんというか太っ腹にも通常価格の50%OFFにもなります。それまでは、高くて手を出しにくかったEverNoteですが、俄然買ってもいい価格帯になりました。

お金を払うとどんないいことがあるの?

とはいっても、お金を払った場合のメリットがないと、私も買うまでには踏み切れませんでした。買った一番の理由は、PCで動かしていてもUSBとの連携がスムーズにできることです。EverNoteにはSyncronize機能があって、PCのデータとUSBのデータを同期してくれます。同期作業って、結構面倒なんですよね。その作業自体は必要なんだけど、補足の作業であって、本当は誰かがしてくれるんならお任せしたい作業です。それを丁度やってくれるんでということで、ついつい買ってしまいました。

お金を払うメリットの他には、画像データの文字が検索範囲になったり、EverNoteはちょっとした描画機能もありますが、これで英数字を認識してくれたり、△や○などの図を整形してくれるといった機能が使えるようになります。

でもInternet Syncronization機能は使えない

本当はこの機能がほしかったんですよねー。ネットサーバに共通DBを置いておいて、会社からも家からもここに共通で使うといった方法が、本当はほしかったんです。でも今のバージョンである2.2はまだのよう。

メールインポートのSSL認証は未対応

ちなみに、EverNoteはインポート機能が充実していて、メールも取り込む機能があります。けれども残念ながらSSL認証は未対応で、要するにgmailからインポートすることはできないというわけです。SSL認証の不要なメールアドレスさえあればぽこぽこ入れられるということでして、借りているサーバのxreaで専用メアドを作ることを考えている途中です。

Winのデータ保存はEverNoteで

そんなわけで今のところ、EverNoteで落ち着いています。Referencesリストとして取扱うネックの一つに、取り込みやすさというのがありますが、EverNoteはいろんなところからインポートが可能です。同ソフトのファイルのインポートエクスポートは当然で、他にはこんな取り込み機能があります。

  • IE
  • Thunderbird
  • FireFox
  • Office
  • クリップボード
  • どこからでも入力画面表示
  • どこからでもペースト入力
  • メール自動インポート
  • 特定ディレクトリ内自動インポート

とにかくガシガシ入れておくのによい感じです。

Holiday Saleは15日まで

なんで、買うなら今のうちにどうぞ。

http://www.evernote.com/products/downloads/holidaysale.php