works4Life

飯と酒と時々GTD

GTDにおける見極めるキワ

GTDだとものすごくコントロールしている必要があるように思うのだけれども、もうちょっとやわらかくして考えればそうじゃなくてもいいと思う。

要はコントロールできることとコントロールできないことの際がわかりさえすれば、結構人というのは楽になるものだ。つまり、どこまでが自分のインサイドで、どこからがアウトサイドか。

で、このインアウトの際は状況によって異なる。一人で作業している場合だったら、海の干潮の如く、自由に動ける砂浜の面積は広い。しかし、グループ作業で作業分担しながらすると、どちらかというと単発的な作業が割り当てられるようになったりしたら、 海は満潮になって自由に動ける砂浜の面積は狭くなる。

今の状況に照らし合わせて、自分が制御できる範囲はどれぐらいか? そのキワを毎回の状況において見極めること、これができればGTDの概念は理解してるものだと思う。

Posted via web from 私的言語