読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

works4Life

飯と酒と時々GTD

GTDセミナー、私の話の補足というか言い訳 | Find the meaning of my life. #gtdjp

結論としては、GTDはその背後の哲学や思想を受けいれれば、ワークフロー自体は大した問題ではないと私は思っています。仕事はやって完了させて初めて仕事です。デジタルが良いとか、アナログが良いとか、あのソフトが良いとか、このツールが良いとか、手段を目的と履き違えることなく、どうやったら速く正確に成し遂げられるか、そしてその行動は自分の哲学にマッチしているかを引きで見ることも詳細に見ることもできる手段がGTDだと思います。今回堀さんはOmniFocusを取り上げましたが、それはOmniFocusがGTDの考え方をとてもわかりやすく、良く反映したツールだからです。別にOmniFocusを使わなければGTDができないと言いたかったのではないはずです。Moleskinも同様でしょう。ライフハック心理学の佐々木正悟さんがToodledoの説明をなさいましたが、それも同様なはずです。

つまりGTDとは哲学であり思想だと私は思うのです。

大した問題ではないのにわざわざフロー図を用意するのはこれいかに?

Posted via email from 私的言語