works4Life

飯と酒と時々GTD

【雑記】IKEAで15%クーポン還元あるなら一括購入or分割購入すべきか問題

IKEAのキッチン設備15%クーポン祭り

 最近IKEAで大きい買い物をした。キッチンの収納棚を買うことになったのだが、これがなんだかんだ資材をそろえて2~30万とかそんな値段になった。

 丁度IKEAではキッチンの設備を買うと、購入金額の15%がクーポン発行できるというキャンペーンを行っていた。1月はこのキャンペーンにかこつけて購入しようとしている人が多くて、IKEA キッチンプランニングサービスも予約でいっぱいだった。

 ところが、この15%クーポン、よくよく聞いてると使うハードルがむつかしい。

  • クーポンは翌日から利用可能
  • IKEA製品にのみクーポン利用可能(送料とかは適用されない)
  • 発行されてから3か月以内の利用可能

とのこと。

 20万買ったとして、3万円のクーポンがつく。やったー!3万円もいろいろ買えるぜ!! と最初は喜んだんだけど、

「そもそも、IKEAでそんなに買いたいものってある?」

という同居人の一言で思い直した。

 

IKEAで3万円、何を買うべきか問題

 3万ポイントゲットだぜー! と適当に喜んでいたが、現実的に何を買おうか考えると、そんなに買うものがないことに気が付いた。

 家具はもうそろってて追加で買う要望はない。確かにキッチンで収納用の小物を購入する予定はあるけど、どう考えたって3万円にはならない。

 じゃあちまちまご飯とかで使っていけばいいじゃーん!と思うがそうは問屋は卸さない。3か月の有効期限があって、つまり、3か月以内にまた買いに来いという。

 だいたいIKEAの何がネックかっていうと、3万円で割と買えるという点だ。

 

 例えば、まあキッチンで二人で済むからテーブルセットを買うじゃない?

 

www.ikea.com

 

 でも、本は置けるとこほしいよね~ってことでシェルフユニット買うじゃない?

 

www.ikea.com

 

 間接照明好きなんだ~ランプ買っちゃえ~って買うじゃない?

 

www.ikea.com

 

 ごはん食べたらソファでもゆっくりしたいね、てことでソファ買うじゃない?

 

www.ikea.com

 

 そうすると、こんな感じの部屋に整うわけだ。割といい(サイズは無視)

 

f:id:nomico:20180216130925p:plain

 でさ、これ全部、いくらだと思う?

 

 

 30,958円、なのよ。。。

 

 これら一式で、しめて3万とんで、958円で買える! それがIKEA!!

  しかし、こんな置ける場所ねーよ、としみじみ恐怖を感じるのであった。特に重量。

 

1回目は現金、2回目はクーポンで購入するという分割購入案

 3万ポイントがあったら何を買えるか妄想をしていた途中で、同居人からまたアドバイスが。

 

「あのさ、2回購入して、1回目のクーポンを残りに当て込むってのはどうかな?」

 

 ナイスアイデア! しかし、それをやって本当に得になるのか???

 というのも、2回購入するとなると、追加の料金がかかる。我々の交通費及び送料。送料は、精算単位で行われるため、2回分割購入となると、2回購入となる。

 しかもこのクーポン、買った当日は使えない! なので、我々の交通費も加算されるとゆー。

 そこで、こっから気合の計算式を考えることとなる。

 

本当に得なのかを調べるための怒涛の計算式

 1回で購入した際と、2回で購入した際の支払う合計額を調べつつ、どの値段を1回目で払えば一番現金を少なく出費しなくていいのか、そうするとどれぐらいお得なのか、というのを計算で調べることにした。

 目的は、現金を使うのを最小限に抑えたい

 わかりたいことは以下。

  • 1回購入での出費現金額
  • 分割購入での出費現金額

 そして計算するための前提条件としては以下の通り。

  • 全体の購入金額は20万円
  • 送料は1回につき3000円かかる。つまり、2回購入すると6000円
  • 交通費については今回は考慮しない
  • 2回目購入の際は、クーポンでのみ支払う(送料含まず)

1回購入での出費現金額

 まず一回の購入での出費は、以下の通り。

  • 1回目の購入 200,000円
  • 送料 3000円
  • 30,000円分クーポン発行

 これをまとめると、

  • 実際使うお金 203,000円
  • 残りクーポン 30,000ポイント(ただし3か月以内のみ有効)

分割購入での出費現金額

 次に、分割購入の際について考える。

 

 まず一回目の購入でx円分買うとすると、以下の通り。

  • 1回目の購入 x円
  • 送料 3000円
  • 0.15x円分クーポン発行

 

 そして2回目の購入で残りを買うとすると、以下の通り。

  • 2回目の購入 (20万-x)円(クーポン利用)
  • 送料 3000円

 

 これらをまとめると、実際に使うお金と送料は以下の通りとなる。

  • 実際に使うお金 x+6000円
  • 残りクーポン 1.15x-200,000ポイント(ただし3か月以内のみ有効)

 

 なお、クーポンは、2回目の購入金額を賄う予定なので、以下の方程式が成り立たないといけない。

 

  0.15x >= 200,000-x

     1.15x >= 200,000

            x >= 173,913

 

 これによって、1回目の購入は、 約17万4000円以上の購入が必要となる。

 

1回目の購入を17万4千円でしたとすると…

 実際は購入資材の価格で変わってしまうのだが、仮に、1回目の購入を17万4千円としたとしよう。

  とすると、分割購入は以下の通りとなる。

 

  • 実際に使うお金 174,000円
  • 残りクーポン 100ポイント(ただし3か月以内のみ有効)

 

ここで一括購入の場合を見ると以下の通りとなる。

  • 実際使うお金 203,000円
  • 残りクーポン 30,000ポイント(ただし3か月以内のみ有効)

 

 実際使うお金は、23,000円の差が生じる。クーポンはというと、17万4千円だと26,100円分となるので、差し引き3900ポイントが損になる。しかし、精神的な健康上としては、ポイントを有効活用できる方がいいよねぇ?

 

結論:分割購入した

 結論言うと、分割購入にして、クーポンの一部でキッチン資材を購入することにした。

 

 うちんちは、他の家具はすでにそろっているから、買い足す必要性がなかったので、ポイント一杯もらっても手持無沙汰になるので、こちらの方がよかった。もちろん、これから家に引っ越すので家具がない!て場合は一括購入の方が断然お得だと思う。

 尚、2回目の購入については、段ボールサイズで送れるものにしておいて、実際は990円で送れるようにして、送料は最小限にした。

 

 とまあ、ポイント併用の分割購入は、結構高価格な商品を複数買うのに使える技の一つだけど、よく計算したがんばったということで、ブログにてまとめた。まとめると、すっきりした計算になるのだが、やたら時間がかかったのはなぜなんだろう。