works4Life

飯と酒と時々GTD

モチベーション1.0~3.0の関係まとめ ? 『モチベーション3.0』にまつわるエトセトラ

『モチベーション3.0』から私の持ってるモチベーションX.0の印象をまとめた。このまとめは、『モチベーション3.0』内の理論をすべて肯定しているとは限らない。

 

■モチベーションはすべて同時期に存在できる

モチベーション1.0,2.0,3.0と紹介されているが、実際一人の人間が持ちうるモチベーションは、このすべてを持っている。ただ、状況によって、どのモチベーションを発揮するかは異なる。

 

■モチベーション3.0は継続するための仕組みがなければ減少する

この本の中で「ん?」と思うところがあるとするなら、モチベーション3.0が持続するという点だ。

会社から見れば、モチベーション3.0は社員がやる気を出すための永続機関のようにも見える。しかし、会社という土台が何らかの努力がなければ、持続することはできない。

1.0は、生活で言うところの運用費なので、これが一定量から減ることはないように思われる。2.0は増えたり減ったりする。

 

■モチベーション3.0が会社に入る前から持ち合わせる人間もいる

モチベーション3.0を必要とする社員はどこから始まるのだろうか?と考えた。有力な社員は以下二つ。

  • 40代、50代の充足した社員
  • 新しい価値観を持った若手社員

これ以外に、明らかに存在するのが以下。

  • 自分が何をしたいかはっきりしている社員(年代問わず)

3番目の社員は、どの年代にも必ずいるであろう人間だ。会社には利害が一致しているため、会社と自分との契約関係を認識している。自分にメリットよりデメリットが多くなったら、会社から離れてもいいと思っているかもしれない。

 

■お金という共通価値は、モチベーション2.0,3.0の代替となることができる

モチベーション2.0,3.0を全部満たすことができなくても、現状に似合う金額報酬があれば、納得できることも多い。

残業が多かったり、大変な仕事だったり、ギスギスした環境だったり、すごく暇だったりしても、労働の代わりに私たちが手に入れるお金との兼ね合いが、それを納得させるものとして機能することができる。

 

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか
ダニエル・ピンク
講談社 ( 2010-07-07 )
ISBN: 9784062144490
おすすめ度:アマゾンおすすめ度

 

自分コメント

・省察パターン:まとめ