works4Life

飯と酒と時々GTD

画期的な手帳を考えてみたよ! その名も「ま!新しい手帳」

【百式企画塾】 画期的な手帳を考えた! | IDEA * IDEA たまにはちょっと遊び心を、というわけで、いつも読んでいる IDEA*IDEA の「百式企画塾」に参加してみようと思います。管理人がお題を出して、それに対して読者がユニークなアイディアで答えるというこの企画。今回の題は「手帳」です。

画期的な手帳を考えた! その名も「ウィークリー添削手帳」 | Lifehacking.jp

Lifehacking.jpさんところで参加しているのを見てなんとなく考えてみました手帳なんだけど悪ノリが過ぎた。

2009年、あなたがふと思いついた手帳が大ヒット。普段は手帳を使わないという人まで使うようになった、その画期的な手帳について次のことを教えてください。 その手帳は、自己管理において誰もが困っている(A)なる問題を、一見手帳とは関係ない(B)から着想を得て、(C)なる方法で解決!しかも(D)なる仕組みになっていたので毎年買わざるを得ない、という工夫までされていた。その手帳の名前は(E)。

手帳は、自分的に既に問題点が発覚していたので、そこをフォローすべくの手帳を考えてみました。以下製品リリース記事風にまとめてみましたアルよ。


いつでも新しい「ま!新しい手帳」

その手帳は、自己管理において誰もが困っている(A)「そもそも手帳を開くのが面倒くさくなって使わなく」なる問題を、一見手帳とは関係ない(B)「学研の♪おばちゃんまだかな~♪」から着想を得て、(C)「定期的に手帳シートが送付される(+週次レビュー用チェックシート付)」なる方法で解決!しかも(D)「ご利用年数で使えるシート(月次レビュー用チェックシート等)やカスタマイズシートのオプションが増えていくようになったり、毎週添付される4コマ劇場の続きが気に」なる仕組みになっていたので毎年買わざるを得ない、という工夫までされていた。その手帳の名前は(E)「ま!新しい手帳」

「ウィークリー手帳を使ってるんですけど、あれってちゃんと毎週チェックしてないと、しおりを変えなくなっちゃって全然使わなくなっちゃうんですよね」

「途中で使わなくなっちゃったりしても、やっぱりもう一回手帳を書こう、と思っても手帳が古ぼけてもういいやって思ってあんまり使わなくなっちゃうんですよ。いつもキレいな手帳だったらまた使おうかな、と思うかもなんですけどねぇ」

といった声を受けて作られたのがこの「ま!新しい手帳」である。商品の着想は学研の教材に由来するという。「CMにもあったじゃないですか、教材がやってくるのが待ち遠しい気持ち。手帳にもね、あのうきうきした楽しい気持ちがあると、今まで使ったことがない人や、途中でやめてしまう人も、新しく使うかなと思いまして」とは、同社開発部長新井氏の談。「手帳を書いたり、何かを待つのが楽しくなるようにしながら今にフォーカスする」というのをコンセプトとし、同社内の手帳を買うけど使わなくなってしまった社員の声をヒアリングして、製品化に至った。

特別に企画当時の資料を見せていただいた。

1 2

名称にはいつでも新しい意味で「新しい」という言葉が使われることが決定となったが、楽しいのコンセプトから名前も堅苦しくないように企画案時の「ま!新しい手帳」がそのまま採用となった。

初回の『うきうきスターターキット』には、以下が含まれている。

  • 前の週のシートを保管しておけるバインダー
  • 持ち運び用バインダー
  • 12ヶ月分マンスリーシート(蛇腹式も選択可)
  • 年間シート
  • メモシート
  • 地下鉄マップシート
  • 伝説のマニュアル「ま!ニューある」
  • 4コマ劇場シート(2009年第1話分)←2010年になると第1話に戻る。
  • 週間シート(1月1日から1ヶ月分)

『うきうきスターターキット』には、これから手帳を使えるグッズが揃っている。しかし肝心のシートは最初の1週間目のみ。その後のシートは、『わくわくウィークリーシート(2か月分)』を買うと、週毎に送られる。社内でひそかな人気の4コマ劇場シートには人気4コマ漫画家「ひっぱりダコ丸」さんを起用している。

販売には文房具店とネット通販の併用を行う予定。『うきうきスターターキット』を文房具店で、『うきうきスターターキット』と『わくわくウィークリーシート』をネット通販で販売する。通販するにあたっては、会員になる必要がある。会員になると4コマ劇場のアーカイブが見れる特典付なので、途中月から参加でも安心だ。

『わくわくウィークリーシート』は文房具店では販売しないのかと伺ったところ、「待つ楽しみを思い出してほしいことから、今の所販売は考えておりません」と新井氏から回答を受けた。

現在はA5サイズのシートを提供とのことだが、将来はB6やB5、「超」整理手帳サイズも視野に開発を検討している模様。またシートは、来年度にはコゲぱんなどのキャラクターシートも展開したいと、意欲を見せている。今後がうきうきだ。