works4Life

GTDを中心としたタスク管理や日々彼是

アーカイブ-昔の雑記

2010年記事をまとめましたのと、そのまとめ

2010年自選記事 2010年に公開した記事の中から、自選のオススメ記事を上記ページにとりまとめました。とりまとめたカテゴリは以下の通り。 1.GTD特選 2.イベント御礼 3.主義主張等 4.思考の変遷 5.感覚の機微 外向的な記事→内向的な記事、とい…

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

とうとう明けました! なんだかんだと年越しそばを食べて夕食を済ませ、ガキの使いやあらへんでを見て夜を過ごしているうちに、もう新しい年を迎えました。2010年どうもありがとう!そして2011年こんにちは! 去年はいろいろどうもありがとうございました。…

本当にしたいことって何だろう?

photo credit: Fab Ski Girl まずはしたいことのリストを自分の目に触れさせることができること。 ここまでが大きな壁だ。というのが今までのお話。 内より出ずる敵 人が、自分自身が本当にしたいと願い、それを実際に自分が実現し体験し、尚且つもその実現…

本当にしたいことって何だろう?(1/2)

photo credit: JuditK 今私は仕事をしていて、時たま旅行に行ったりしてワクワクドキドキするようなことを時たま実行している。 仕事は好きだ。けれども、ヒマすぎるのも勘弁だし、忙しすぎるのもそれはどうかとも思う。 仕事は好きだ。でもかりそめだ。一時…

観察者であろう

photo credit: Photo Extremist 1st: 会社の研修 観察者であろう。 最初、このスタンスを考えついたのは会社の研修だった。会社の研修で、シニアに向けて、自分たちの回りからの評価を見直して、見える見えない部分を見直そうというものだった。 この研修が…

読書まとめ 「お金の流れが変わった! 新興国が動かす世界経済の新ルール」

お金の流れが変わった! 大前 研一 PHP研究所 ( 2010-12-16 ) ISBN: 9784569791630 nomicoの本棚で詳細を見る 概要 この本は、大前先生の最近の状況に関する傾向まとめ+それに向けての日本が行う対策を取りまとめた本である。目次は下記の通り。 第1章 超大…

求める社員の「自分で率先して仕事をつくってそれをする」というのは聞き飽きた。

友人と話をして意見が一致したのは、この求める社員像の非現実感だ。 (1)仮に本人にそれができる力があっても、「余計なことをして」といって上司に煙たがられるように、活かせる仕事環境は少ない (2)仮に本人にそれができる力があっても、「よくやっ…

経験の一範囲

経験の実装 経験と呼ばれているものを、私は身体の中でどのような実装をしているのか考えたところ、それはシナプス経路のあの経路なんではないかと思っている。 で、そのシナプス経路の有効範囲はどれぐらいのものだろうかと次に考えると、どうにもこれがも…

知る前と知った後、その瞬間の衝撃と熱量、シュレーディンガーの猫という可能性の際

via ja.wikipedia.org プレイフルリストに「ADD,ADHDのチェックをする」というのを書いた。 ひとえにこの項目をプレイフルリストにいれたのには、よかれ悪しかれ、その判明する瞬間の衝撃を心待ちにしているからだ。自分がその予想と近しい場合、その衝撃は…

2010/12/18(土) 21:00からGTD勉強会@Ustreamをします。あとサイトデザイン変更しました。 #gtdjp

2010/12/18(土) 21:00開催だよ! GTD勉強会@Ustream 初のUstream開催です! わーいわーい!! Ustreamに出たのは初めてではないのですが、Ustreamを開催するのは初めてです。つたない部分があるかと思いますが、どうぞよろしくお願いします。 先日リスクを…

Doingリストをしているモレスキン手帳ラージを忘れた時の心もとなさ

昨日のことだが、会社にモレスキンの手帳を忘れた。この手帳はラージサイズのスクエアタイプで、ちょうどclmemo@akaで紹介されていたDoingリストを実践している真っ最中だった。 私が手帳を忘れたのを思い出した時、それはなんとも言えない心もとなさを感じ…

リスクを取る理由

キャニオニングに行ってきた 最近、といってももう9月のことになるのだが、キャニオニングに行ってきた。キャニオニングとは、歩いて飛び込んでスライダーして、の気合の沢くだりのことを示す。 もともとラフティングとか川遊びは好きだったので、キャンプの…

Doingリストあれこれ(4) NozbeとDoingリストの同期イメージ

Doingリストあれこれ(3) できることとできないこと

現在のDoingリストでできること ツールを変遷するのは、満足していないからだ。今回のDoingリストも状況にも左右されるから、いつまでもつかは判らないが、それでも何かしらメリットは感じている。 実行してる時(その日)に気にすること 前何をしていたのか…

Doingリストあれこれ(2) clmemo@akaのDoingリストと科学者のDoingリストの相違点

clmemo@akaで紹介されたDoingリストのやり方がしっくりくるのと、最初に紹介されたDoingリストではしっくりこないのは何故? Lifehacking.jpの記事を見た当時、私もものは試しと、Doingリストを始めた。しかし、なんだかぴんとこなかった。それからしばらく…

Doingリストあれこれ(1) 似ているAutofocusと原点のDoingリストについて

最近、「clmemo@aka: 我流ながら Doing List を二年間試して得た Tips 集」を見ながら再度Doingリストをし始めた。最初に紹介された「ゆっくりと動きながら高速でこなす、一流の研究者の Doing リスト | Lifehacking.jp」とは使い方が異なりつつある。 しか…

読書ログ 「採用は2秒で決まる!」 第一印象は2秒で定常化する。

「採用は2秒で決まる!」はマルコム・グラッドウェルの傑作選三集目である。この中で有名なのは、やはりタイトルにもなった「採用は2秒で決まる!」であり、私の興味も読む前も読んだ後も、このコラムが一番興味を持った。 さて、「採用は2秒で決まる!」を…

データ通信がめんどい人が、iPhoneで好んで使ってるアプリ五選

私は結構な数のアプリをダウンロードしました。が実際に頻繁に使っているのは10個も満たないです。その頻繁に使っているものを紹介します。データ通信が面倒なんじゃよー、といって携帯のゲームアプリをやめるタイプの好きなアプリです。 1.お金管理 - Cas…

選ぶのは時間がかかるので、たまった記事を順繰りに公開することにしました。

どうして選ぶのに時間がかかるのだろう。 それは、その時点で一番いい選択をしたいからだと思う。 特に私は食事をするときが難しい。食べる分量がそんなになので、毎回の食事で自分が本当に気持ち的に食べたいものを探らなければならない。 実際に食べるイメ…

あなたがこのブログを読むのはどうして?

私のブログは、見ている人がいるから続けていられることを、私は重々承知している。しかし、実際何か記事を書く場合に、それを意識すると、うまく書けなくなる。その意識の違いに、私は気鬱することがある。 ハーバードビジネスレビューでこういう記事があっ…

読書ログ 鬼の心のうち「マイナー力」

マイナー力(リョク) 「負け」が「勝ち」になる生き方 桜井 章一 竹書房 ( 2010-05-17 ) ISBN: 9784812441824 メディアマーカーで詳細を見る MediaMarker 桜井章一と言えば、雀鬼と呼ばれる雀士だ。渋い、かっこいい! 「R-style ≫ 書評 「マイナー力」(桜井…

ハーバードビジネスレビューレビュー 情報過多にそれに対処する方法

12月号は「人を潰す会社 人が輝く会社」であった。テーマは主に人材開発や教育等に関する、人に関わった内容である。 「情報の洪水に対処する法」について紹介する。 慣れすぎた言葉「情報に溺れる現代社会」 情報過多による問題 情報過多に対するアプローチ…

clmemo@aka: 我流ながら Doing List を二年間試して得た Tips 集

Doing List は、「今やっていること」を明確にし、仕事の効率を上げるツール。でも、それだけがメリットじゃない。後で見返せば、素晴らしい作業ログが出来上がっている。 via at-aka.blogspot.com Doing List。 実行と行動を分断することが可能になっている…

後悔と正解

こうすればよかった、ああすればよかった。そう思うのは何故だろう? 後悔とは、自分のしでかした過去の事項に対し、非難をする行為だ。しかし、非難をしたところで、その行為が覆されるわけでもないこともまた、私たちは知っている。しかし、それでも私たち…

読書ログ いっしょに働きたくなる人を育てられる会社とは? via 「いっしょに働きたくなる人」の育て方

「いっしょに働きたくなる人」の育て方―マクドナルド、スターバックス、コールドストーンの人材研究 (ワークス人と組織選書) 見舘 好隆 プレジデント社 ( 2010-05-17 ) ISBN: 9784833491181 メディアマーカーで詳細を見る MediaMarker マクドナルド、スター…

極上たるもの、あまりに自然に存在していて、するりと日常に紛れ込む

photo credit: atem_y_zeit 家から時たま米が送られてくる。この米は、農家が家用に作っている、ちょっとそこらでは買えない代物だ。家用なんで、おいしく作られているらしい。たまたま母が、農家をやってる人の友人だったらしくて、格安で買っているのをも…

iPhone日記 だいたい1週間を過ぎること

注:私がiPhoneを買って2週間ほどすぎてますが、書いたのは1週間過ぎたぐらいです。 (1)アプリを停止させるのが面倒です ○→○○→ターーップ→-タップ これだけの作業なんだけど、面倒です。なんか、止めるのだけに別作業させられてる感が。ショートカットな…

でかいことをするために、リスクを取る

最近、といってももう1ヵ月半以上にもなるのだが、キャニオニングに行ってきた。キャニオニングとは、歩いて飛び込んでスライダーして、の気合の沢くだりのことを示す。 もともとラフティングとか川遊びは好きだったので、キャンプのアクティビティにメニュ…

ハーバードビジネスレビューレビュー  PFドラッカーHBR全論文

6月号はドラッカーがHBRに寄稿した論文集だった。本誌は、彼の論文を時系列に並べ、1950年から2000年まで34の論文を紹介していた。 さて、私はHBRはつまみぐい勉強よろしく、自分の好きな論文をつまみぐいして読むことが多かったが、今回は時系列で読むこと…

だいたい分かるエマジェネティックス

私はエマジェネティックスをものすごくオススメしています。会社の方で利用してくれないかと、手始めに宣伝用の紙を書いてました。が、時間がなくて、そのままボツになってしまいましたので、アソシエイトの宣伝も兼ねて、紹介したいと思います。 思考スタイ…