works4Life

飯と酒と時々GTD

映画倫理委員会 - Wikipedia

当初は業界内部のみで構成されていた映画倫理規程管理委員会という機関であった。1956年に若者の享楽的な風俗を描いた映画『太陽の季節』が公開され、これら一連の「太陽族映画」が、各地で未成年者の観覧が禁止される社会問題となり[1]、批判をもとに、外部の有識者による第三者委員会を設置したことで現在の組織に改組された。

『映倫』ができたのは石原君のおかげだよ、と友人が言ってたので調べてみたらそうだった。「太陽の季節」は石原君原作なんだって。
彼は先駆者だったんだね。そして因果応報なんだね。。

Posted via web from 私的言語