works4Life

飯と酒と時々GTD

【タスク管理】Trelloの何がいけないのか

 asanaに乗り換えたわけだけど、Trelloは、うーんやっぱり、といった感じでやめてしまった。最初からあまりいい印象はなかったのだが、詳細画面がよさげだったので、ちょっと気の迷いがしてしまったのだな。

 この前、シゴタノ!の大橋さんとタスク管理セラピーに参加した後でご飯を一緒してもらったんだが、やはりTrelloについては死屍累々らしい。

 アイツのどこがいけないのかって思ったんだけど、通常ページで、全体リストと詳細ページが一緒に見れないっていうのがもうキツいんだと思う。

 

全体リストと詳細ページが同時に扱えない

 asanaしかりTodoistしかり、割と大半のタスク管理サービスは、全体リストと詳細ページを同居するようなページになっている。左が全体リストのペイン、右に詳細ページが展開されるというのが、よくあるフォーマットだ。

 一方、Trelloはそうはならずに、カンバン方式。全画面、レーンが用意されてて、そこにカードが羅列される。

 詳細を見ようとすると、その全面に詳細ページが表示される。詳細ページから別のカードに飛ぼうとすると、(1)一旦ページを閉じ、(2)全体リストから探す、ということになる。

 この些細な2アクションなのだが、これが、毎回毎回発生するとなると、鬱陶しくなってくるのだと、思う。

 といってもこの鬱陶しさはあまり意識にはのぼってこない鬱陶しさだ。というのも、Trelloはそうするのが普通だから。けれども、いろいろ使っている我々から見たら、通常別のカードを選ぶってのは、(2)全体リストから探す、という1手順で実現できるのだ。

カンバンレーンのサーチが面倒

 なおかつ、(2)全体リストから探す、であることのサーチが面倒。リストならば、1レーンをサーチすればいいが、カンバン方式だと数レーンをサーチすることになる。いやいやたかだか数レーンでしょ、と思うのだが、詳細ページを開くのと同様、毎度毎度となるとやはり面倒なのである。特にサーチは頭使いたくないので、移動することなど面倒にも程がある。1次元が2次元になるのだ。毎度カーソルを合わせる作業が嫌になるのだよ。。。

 このサーチが2次元になるのもTrelloが面倒くさいと思うことの一つだろう。

 

KanbanFlowはよくてもTrelloはダメなのは、対象が広いから

 同様のカンバン方式を取り入れていたのがKanbanFlowだ。一時利用していたが、こちらについてはあまりカンバン方式についてはあまり気にしなかった。

 というのも、Trelloで使っている程には、詳細ページを使うことがあまりなかったからだ。それに、項目数もこなす作業だけで、さほど多くもない。何より今日のタスク程度の粒度の小さいものばかりだ。

 だがしかし、Trelloがそういうものではない。

 粒度は今日のタスクから未来の希望まで大小入り混じっている。

 また、タスクの内容も細かく設定したりすることも多く、KanbanFlowとは格段に詳細ページを参照する。

 それに、細かいことだが、詳細ページの浮いた感も性に合わなかった。

 

ならなんでTrello使い始めたんだYo!

 全くもってその通りである。確かになんで使い始めたんだろう。第一印象は確かに無理だろうはずだったのだ。

 が、Todoistに限界を感じて、何がなんでも引っ越したい!という勢いによって、そこそこ同様のことができるTrelloにいっちゃったんだ、確か。

 同様のことができる、とは、主にタスクの詳細で以下のことができること。

  • コメントできる
  • クリップボード経由の画像コピペができる
  • サブタスクが設定できる

 生活の全体管理を任すには、Trelloはやはり合わなかったのだと思った。そもそもKanbanFlowみたいな使い方から始まってたはずだもんね、Trello。

【タスク管理】母艦をasanaに乗り換えてる

 たすくまを導入する前にasanaの記事をよく見かけたので、一瞬導入検討したのだがやめた。やめたのだが、全体管理にはよさそうだと思ったので導入したという顛末。

 

 

Trello使わないという事実

 Trelloはいろいろインタフェースがあって便利よー、という記事を見かけて導入したんだけれども、あのインタフェース、実は自分にはとても合わないことがわかった。

 Trelloはもともと、タスクの全体管理用に導入した。あれやこれやを検討するのに丁度いいと思ったんだよな。けれども、すぐに頓挫した。

 というのも、見づらい。

 

Trello見づらい

 どこがどう見づらくていまいちなんじゃろ、と分析にかかった。

 まず(1)カンバン方式のあのラインのやり方。あれがとてもカードが小さく見える。

次に(2)各カードが可変で表示されるということ。

 おおよそこの二つが私にとって大問題であり、結果的に、「プロジェクトを検討するには非常に入り口としての場所が狭くて合わない」という結論になった。

 カードが可変であるがゆえのストレスは、何がどこにあるかを見るのを毎回調整する必要がある、ということに起因する。カードが増えると、確かここにあったはずだが、それがずれている。それが実質的なデジタルでの場所を示しているのだ――だったら私もそれでOKなんだが、そうもいかない。何せTrelloは、カードすら可変だからだ。

 カードが可変なために、展開すると大きくなり、展開したまま他のカードを見ると場所も移動する。プロジェクトを検討するには、あのカードのサイズは非常に小さく、なおかつどこを見ようとするかのインタフェースはストレスがたまる。

 というわけで、私はそうそうにTrelloを開かなくなってしまった。

 

 そんな折、asanaがいいという記事を見かけた。

 

asanaいいじゃん!

 実はasanaは既にアカウントを作っており、そして当時一度は実際に使ってみようと試したことがあった。その当時のインタフェースは私はどうにも面倒くさかった覚えがある。

 だが、今回見たところ、大分も大分、え、前のインタフェースってもっと酷かったよね? と疑うぐらいにインタフェースがとてもとてもよくなっていた。

 思わず昔のインタフェースのasanaを探したぐらいだ。そうそうこの青いロゴだった時期だ。googleで「asana old」で検索したら出るわ出るわ、うん、私のしってた面倒くさそうなasanaだった。

 いいデザイナーが入ったおかげか、画面がものすごくすっきりして非常に使いやすくなっていた。

 

 とはいえ、asanaの他サービスとの連携はあまり少ない。Trelloと比べると懸念事項ではあったが、Trelloから見たら一つのプロジェクトの画面の広さに惹かれて導入した。

 最近はどのツールでもCtrl+Vで画像を導入できるようになっており、asanaも勿論できるようになっていた。それが出来ることも、今回の導入の要因の一つだ。

 

 プレミアムにならないといろいろ出来ないことは多いが、それでも無料でも基本的に一連の作業はできるので、とっととデータ移行して使い始めた。

 

asanaのいい所(1)タスク毎にコメントができる

 Todoist、Trelloも実装されていたタスク毎のコメント仕様。これはとてもよい。世の中そうそう簡単にタスクを完了できるとは限らない。タスクを実行している中で、個人でやっててもいろいろ考えることは多い。思った以上にでかいタスクということもある。

 タスクがコメントできると、そういった部分を補足することができる。

 

asanaのいい所(2)プロジェクト単位にいろいろある

 asanaよ、マジで超わかってんじゃん、昔の頃と大分ほんと大分違うんだけどどうしちゃったの?! というぐらいインタフェースが変わってたのがここ。

 数あるタスク管理サービスで、グループで使えますよー、というコンセプトでいろいろ作られてきた。でも、いくらプロジェクトっつったって、プロジェクトの部分にプロパティなどを詰め込むことはあまりされてこなかった。プロジェクトにいろんなものがぶら下がることはなかった。

 が、asanaだとそれができるようになっている。

f:id:nomico:20181221131525p:plain

asanaの各プロジェクトのメニュー
  • タイムライン(プレミアム機能)
  • カレンダー
  • 会話
  • 進捗
  • ファイル

 タイムラインはプレミアム機能で使えないものの、「会話」「進捗」がとてもよい。

 

 「会話」は掲示板みたいな仕組みになってて、プロジェクト全体に関するコミュニケーションを取れる。必要な全体情報ならここに記載できる。

 「進捗」はその通りに進捗がかける。わかる!わかるわ~毎回これがほしかった。ほしかったけど、どのサービスでも見かけたことがなかった! ちなみに、ここの「進捗」を記載すると、最新の情報がTodoのある「リスト」で見れるようになる。

 「ファイル」はタスクなどで添付した画像一覧が見れる。

 

asanaのいい所(3)タスクのプロジェクト重複設定ができる

 asanaよ、よくわかってんじゃねーかと思うことの一つが、タスクが複数のプロジェクトにまたがって登録できる点。これ本当にわかる。こっちのプロジェクトとあっちのプロジェクトのどっちにも必要なのよ!ていう場合はよくある。なのにできない時のもどかしさといったらない!

 これは、全体プロジェクトがあって、一部絞り込んでプロジェクトを作るときとか、買い物プロジェクトとこのプロジェクトで使うからそのプロジェクトにもつっこんでおきたいとか、そういう場合にとても役立つ。

 

asanaのいい所(4)タスクリストに「セクション」を追加できる

 タスク管理でよくあるドツボパターンの一つに、延々と階層化されるツリー現象というものがある。これは、私は意識的に作らないようにすることで今まで回避してきた。代わりにプロジェクトが無駄に増えるのだが。。

 asanaでも、この現象は回避したいために、プロジェクト配下には1階層のタスクリストしか許可されていない。かわりに、タスクリストと同じ階層に「セクション」を作って区切ることができるようになっている。

 これはうれしい。

 階層はいやだ、かといって区分けはしたい――そういうところにセクションはとても役に立つ。だいたい階層化するとそれはそれで見るの面倒だから、セクション(というか見出し)レベルの区分けで十分なのである。

 

出だしは順調(どのウェブサービスでも最初はそう)

 というわけで、母艦を引っ越ししたasanaであるが、一旦身ぎれいな状態で使っている。ここからちゃんと使いこなしていきたいところ。すでにプロジェクトが半端なく増えているが、、それはまあ今後の課題である。

【食べ物】危険!「超魔王唐辛子」不穏な身体になりたかったらオススメ

 

アサヒグループ食品 超魔王唐辛子 12g×8袋

アサヒグループ食品 超魔王唐辛子 12g×8袋

 

闇に飲まれし唐辛子

 というのが、彼のダブルネームなわけだが、ヤバい辛いでも食べちゃう三重苦みたいな中毒性、というか中辛性のある代物である。

 ちょっと安くなっていたので買ってみたんだけど、このお菓子、なんか危険である。

 

食べたら腹が凹む感は何なのだ

 そう。このお菓子、なんかキケンで、食べてもむしろ腹減ったというか、なんとなく、腹が精神的に凹む感じがするのであった。

 というか、なんとなくボディブローかまされた感がするのだ。

 なぜだ。

 なぜなんだ。

 明らかに腹の中が攻撃されてる感が半端ない。久しぶりに食べて後悔した(生命危機的に)食べ物に遭遇した。そんな不穏な空気を感じる代物であった。

 

小腹が空いたら食べるのがおかしというものであるが、食べたら小腹が空いた気になるのはいかがなものか

 そしてもう一つ不思議なのが、小腹感がまったく解消されない。感じがする。

 むしろなんか胃袋がもごもごしている感じがするんだけど。。私の知っているお菓子の食後感じゃ、全然ない。

 

「超魔王唐辛子」は「燃えよ唐辛子」の最終形態

アサヒグループ食品 燃えよ唐辛子 14g×8袋

アサヒグループ食品 燃えよ唐辛子 14g×8袋

 

 そもそも有名だったのはこの「燃えよ唐辛子」。これもそこそこ辛くて癖になる味だった。

 

 それがリニューアルなのか、リバイバルなのか、はたまた帰ってきた系なのか、新しいのが発売された。それがこれ。 

 「真燃えよ唐辛子」である。 

アサヒグループ食品 真燃えよ唐辛子 12g×8袋

アサヒグループ食品 真燃えよ唐辛子 12g×8袋

 

 

 で、さらにその上をいくものとして、今回私が食した不穏なお菓子「超魔王唐辛子」がでている模様。 

アサヒグループ食品 超魔王唐辛子 12g×8袋

アサヒグループ食品 超魔王唐辛子 12g×8袋

 

 

 腹を満たすどころか腹をきたしそうな感じのおかしである。絶対胃袋でなんかされてる感がパない。ちなみに友人が一個食べたら汗が出てきたらしい。

 不穏な感じになりたかったらオススメである。

【食べ物】大山山麓天然水 結(ゆいのみず)はうまかった。その他好きなお水。

 

 

 会社のお歳暮のおさがりでもらったお水なのだが、うまかった。まろやかで飲みやすい。まだ余ってたらもう一本もらおうと思ったけれども、なかった。残念。

 水について、これがうまいこれがいまいち、ていうのってあんまり出てこない。この水は趣味じゃないから飲まないようにっていうのはある。evianはあまり好みではない。だが、この水は飲んでておかわりしたいと思ったお水だった。まじうまい。ちょっと通販してもいいかなって思うレベル。

 岡山のアンテナショップにないんじゃろか。

 

家は財宝温泉

財宝 天然 アルカリ 温泉水 2L×12本

財宝 天然 アルカリ 温泉水 2L×12本

 

  家では財宝温泉を定期購入している。購入するようになってから随分経つので、馴染みすぎちゃって、この水がうまいかどうか、ていうよりこの水が標準ていう扱いになっている。

 お茶とかお米たく時はこのお水と使っている。我が家には、水には厳しい同居人がいて、その同居人がいいと言っているのだから大丈夫。以前住んでた賃貸も、「水道水がおいしい」という理由が大いにあった。水道局のタンク近くに住んでたもんな。

 財宝温泉は、もともとは他の友人が使っていたのをみていて使い始めたお水だ。かれこれ10年以上も前かぁ。よく使っている。

 

地元の名水はごろごろ水

 私の実家は奈良で、奈良の名水というと『ごろごろ水』である。小学校の頃、この名水を飲みに行ったことがある。

 おいしい。確かおいしい。多分おいしかったと思う。んだけれども、記憶も大分昔の上、山の奥の奥の方にあって、当時は山道を通って朝早くから行ったもんだから大変料も加算されているような気もしなくもない。でもこれでまずかったら山水は全部あかんじゃろ、て感じなのでおいしいと思う。

 到着するまでにおそらく2時間はかかってたんじゃないかな。おかしい、我が家も奈良だったはずなのに、奈良(中部よりちょっと上)to奈良(中央よりちょっと下)で2時間てどゆこと。

 

 

 そんなごろごろ水が、商品化した時には、「これであの大変な道なりを行かずとも飲めるわけね!」と喜んだものである。

 

名水の里 ひょうたんから水 350ml×20本

名水の里 ひょうたんから水 350ml×20本

 

 

 しかし、デザイン性を加味しすぎて、デザイン料でかなり分捕られたお水になっている。意識が高杉君である。

 

 もうちょっと手ごろなのはないのか。。 あった!

 

 ラベルのデザインはもうちょっとなんとかならんかったのじゃろうか。。 

 

【タスク管理】タスクシュートとGTD

 私はGTDが好きなのだけれども、タスクシュートとブッキングするんじゃないかと思っていた時があった。

 が、たすくまを通じて行った限りにおいては、全くといってブッキングしなかった。

 

計画と実行

 まずタスク管理を考える際には、二つの大きなカテゴリにわかれる。それが、計画と実行である。計画と実行は、考えるチームと実行するチームの二つがあると考えていただければわかりやすいだろう。会社で言うなら、経営と現場、という対立関係に当たる。

 タスク管理は、(1)経営と現場のいずれも実行者が同じであり、(2)その忙しさは時期によってまちまちである、といったことから非常に困難を極めていた。

 

GTDは経営と現場が一緒くたな時が最適(=つまり格段に忙しい)

 GTDはこの中でも、極めて非常に忙しい時にとても最適である。経営が考えているリストがそのまま実行を促すリストに使える。使えるというより、ブレイクダウンする暇がないというのが正しいだろう。

 経営と現場が同じリストを用いても上手くいくのがGTDの実行面での一面である。

 

GTDは、経営と現場が分離している(=暇な時)時は、経営だけ使うのがベター

 こんなに忙しい時に使えるGTDだから他の場合でもうまく使えるに違いない! と思うのがGTDで一度でも救われた人が思いがちなことである。しかしこれは大いなる間違いだ。

 多少忙しさがましになってGTDのリストを使ってみても、コレが全くてんでうまくいかない。

 時間がないならないなりに、人は究極なる選択(=どれを実行するか)は割とすぐに出来る。のだが、一旦暇があると、この選択は鈍くなる。とにかく現場をなだめすかしつつ実行するように促す必要があるのだが、あまりうまくいかなかった。

 とはいえ、実行したいことなどこれからしたいものについてをまとめておくには、GTDのリストの分け方はわかりやすい。

 ので、暇になったら、計画というか頭の妄想リストとしては、GTDのリストを使うのがよいだろう。

 

現場ツールでうまくいかない時の状況とは?

 私の最近の課題は専ら、暇な時の現場統制だ。
 つまり、切羽詰った仕事がない状況ではどうやったらこなしていけるのだろうか(あまりサボらずに)、ということである。

 それで、バレットジャーナルやKanbanFrowなどを試してはきたのだがなかなか上手くいかない。最初はもちろん上手くいく。うまくいったフリをするのだが、だんだんやっているうちに、うまくいかない。

 こなれてくると途中からうまくいかないのは、よくある言い回しだが、結局どういう状態になっているのかは何も言い表せていない。
 それは、期待値の精度が高くなってきて、それに実行精度が諦めた状態だ。気持ちとしては高めていけばうまくいくだろう、と思っているにも関わらず、実行側としては、作業量やそれに伴うアウトプットなどを総合評価した結果、精度を高めるに値しないと結論を出した状態だ、と私は解釈をしている。

 とくに、たすくまをしてから、上記の状態の説明はとてもしっくりいく。見直しがしにくい、データの流用がしづらい、何度も同じ作業をさせる、などなど、実行者にとって不満な作業、実行に見合った結果が伴わない場合、実行精度はずーっとおざなりなまま実行される。

 

暇な時の現場統制には、タスクシュートがよさそう

 そんな中で、たすくまの導入だ。

 私は、たすくまについては、スケジューリングの部分以上に、ログを取る部分について期待をしていた。
 特に、暇の時の現場に関しては、ログを取るという気持ちでタスク管理をしていたほうが心休まる。何せ、暇な時の恐ろしいことは、「今日は何もやってない・・・!」ということだからだ。(忙しい時ももちろんそうだが。。)

 たすくまは現状に合わせてログを取っていく、そのログを参考にして次の日のタスクを作ってログを取っていく。そう、私にとって、たすくまの候補としてスタックされているタスクとは、「ログが取りやすいように予め用意されているもの」という意味合いで、なんていうのかなぁ、作業やってたら、使うペンチや鋏が自分の手の届く場所にある、そんなイメージだ。

 上記で言いたいことは、私は「たすくま」をタスク管理ツールとは、到底認識していない、ということだけだ。

 

たすくまのいいところ

 「習慣ツールとかいろいろやってみるんですけど、結局たすくまに戻っちゃって」というのは、ライフハック心理学の佐々木さんが言っていたことだが、とてもよくわかる。

 たすくまのいいところは、習慣系のデータを取るのが非常に便利である点だ。

・メモ

 何よりメモが取りやすい。写真も保管できる。このタスクのやった時にこんなことをした、というメモを取れるのがとても画期的。
 何より、すごく気軽なインタフェースでメモが取れるのが画期的である。

・リピートタスクの振り返り

 私がこれ超いいな、て思うのはリピートタスクの振り返り。
 リピートタスクの管理画面を上にスライドすると、カレンダー画面が出てきて、今までやってきたタスクの履歴が表示される。そう! こんぐらいでいいのよ。毎回やったかどうだかチェックするためだけに、新たなアプリを立ち上げるなんて面倒なのだ!

・終わりましたかリマインダー

 私は集中するとすぐに時間を忘れるので、このリマインダーは非常に助かる。とても助かる

 

QuickLoggerPlus

 終わりましたかリマインダーでふと思い出したが、昔似たようなログ取りをしていたことを思い出した。

 私がとても忙しく、21時以降まで仕事をするのがザラだった頃だ。会社で作業別に時間の配分を報告しろっていうのがあって、これを取るのに非常に面倒だった。

 後でこれに何時間使って~とかいう作業がとてつもしたくない。

 それで私が取ったのは自動化処理だ。いろいろ時間ログのツールはあったが、結局どれもいまいちだったので、VBAとマクロの組み合わせになった。

 QuickLoggerPlusという、VBAでショートカットでダイアログを呼び出して、テキストに書き込むツールが見つかった。
 これを使って15分毎に呼び出すようにした。
 更にここから、出力フォーマットを修正し、更に会社用のフォーマットに整形しつつ集計するマクロを作り、ログを記入すれば最終的には会社に報告する時間計測ができるようになった。

 よくよく考えると、たすくまがやっている本質は、この昔使っていたVBAツールに近い。
 つまり、強制的に記入を促すこと。
 それに加えて、たすくまでは、集計しやすかったり、スケジューリングやスケジュールによる時間配分がわかったりして拡張しているということだ。

 そしてこうも思う。これぐらい強制されないと、ログというのは取りづらいものであるのだな、と。

 

ところで

 ところで、完了画面でくまたんの画像がランダムに出てくるのですが、ショックを受けているくまたんを見ると、なんだかびみょーに罪悪感を覚えるのは私、だけ、ですかね?
 できれば、うきうきくまたんモードとかで、ちょっとショック受けたりあわあわしてるくまたんを見せないようになると、嬉しいなぁ、とか、とか。

【タスク管理】たすくま18日目(終了)

【たすくま18日目】11/30(金)

そろそろ新しく感じることが出てこなくなったので、今日でたすくま導入ログは終了。おつかれさまでした。

振り返りがまだまだだったり、スケジューリングがばたばたしてるが、他の管理ツールでもよくある話なので許容。

 

やらなかった時の罪悪感の話

タスクシュートは、やらなかった時の罪悪感があまりないなと思ったのが不思議だった。確かにタスクシュートは、タスクをスタックするものの、この時間にする、というのまでは細かくは決めていない。あくまでも、この順番通りにやれば理想的という道順であって、しかし、場合によってはその道なりが変わることももちろん許容する。

このやらなかった時の罪悪感の話は私にとっては重要だ。昔、誰にも迷惑をかけてもないのに罪悪感を感じるのは、不必要すぎる行為なのでは、と疑問に思うことがあった。まさか実施する日付を付けるだけで罪悪感が発生するなど思いもよらないだろう。ツールもツールで気軽にこの日にしようと決めるよう促すし、カレンダーはその最たるツールだ。だから、日付をひも付ける行為がこんなにも別の気持ちを発生させているなんて思いもしない。

もちろん、タスクシュートをしていてこういう罪悪感に陥る人は多いらしい。まあ、私もそれに陥りそうだったから避けてたわけだけど、正しい理解をするのは、やはり難しいのである。

 

プロジェクトの細かい手順について

プロジェクトの細かい作業はどーすんだ?という懸念事項はある。私は今のところ分離して取り扱ってて、たすくまでは、あくまでそのプロジェクトの時間の割り振りだけを計画している。

というのも、全体的な作業の進め方は、ポモドーロテクニックを導入していて、25分区切りに決まっているのもあるからだ。毎回タスクを作るのも面倒だし。

もし、時間に余裕があるなら作業で区切るより、時間で区切った方がいい。好きな作業はいつまでもするし、好きじゃない作業はいつまでもしない。本当にしない。

 

というわけで、たすくま導入はこれで終わり。今後も引き続き使っていく所存である。

【タスク管理】たすくま17日目

【17日目】11/29(木)

 大分書くのが億劫になってきた。ということは、新しいことがなくなってきた証拠である。今後対応していきたいものもあるけど、通常のサイクル項目は導入は終わったように思う。

 

通常の日時のスケジューリングが前日にできるようになった

 ログの終わらせ時として挙げていた項目の一つだが、実現できるようになった。大分かかったがようやくそこそこ満足できるサイクルが実現できた。わーいわーい。

 このスケジューリングが可能になるためには、日常サイクルとなるリピートタスクが90%ほどは明確になっていることが必要になる。それ自体は多分1週間ほどでタスク自体は揃うんだろうけど、新規で実施となると、管理部分で手間がかかるんだろーなーと思った。

 残すは「振り返りができるようになった」という状態なのだがメモを確認したいのだよな。と思ったら、詳細項目で上下にスライドすれば、次のタスクが見えるんだからそれでやればいいのか、そうかそうか。