works4Life

飯と酒と時々GTD

【映画】銀魂2

wwws.warnerbros.co.jp

 

 1も見に行ってた映画「銀魂」が2もするそうというので見に行ったらやっぱり面白かった。

 

 が、話の構成としては前作がよくまとまってて、今回は途中のネタご間延びした感じがした。ような感じはしたんだけど、原作知っている人によれば、漫画のまんまらしい。

 個人的には1の方がまとまり感あっててよかったなーとは思う。

 

佐藤二朗(スマイル店長)の尺長すぎ

 なんか散々言われているようだけど、二朗の尺はちょっと長すぎじゃないの。特に二朗。ようやく終わったな、て思ったらまた二朗かよ! という感じの長さだった。

 最近は、二朗を使いたい基準で映画を選んでいやしないか、という気はしなくもない。

 二朗が悪いわけやないんやで、監督がすきすぎるからいけないんやで。愛はまんべんなくお願いしたい。

 人によってはムロツヨシの尺も長いらしいけど、私は二朗に比べればましだった。

 

かっこいい出番いっぱいの吉沢亮(沖田総悟)の株が爆上がり

 ドSな沖田は顔的にも合ってて私はキャラの中だと好きなキャラなんだけど、今回はいい役まわりだったなーと思う。

 土方トッシーは、結構出番が多かったにも関らず、肝心の出番がオタクモード前回だったので、うまかったけどかっこよくはなかった。うまかったけど。

 反対に、キャラに合ってて格好良かったというのが吉沢亮がやってる沖田総悟だった。列車で最初にぶっ飛ばす時が格好良かったとか、やっぱ殺陣が入ると2倍増しぐらいに格好良さが増えるんだった。

 

殺陣シーンはよかった

 殺陣シーンは、3箇所ぐらいにバラバラに起こってるのをうまくシーン切り替えしてよかった。

 ただ、整理しきれてなかった感はあるけど、あれはそういう雰囲気作りだったのかなぁ。あと気になったのは、沖田は途中負傷することもあるんだけれども、それがいまいちわかりにくい構成ではあったかなと思う。殺陣ってだいたい切りまくるのに、途中そういうお決まりじゃないシーンになるわけでしょ。だからもうちょっと強調してもよかったんじゃないかなーとも思った。

 

 他は、堤真一は5年後の姿まんまだろうとか、眼鏡キャラかぶってない?とか、桂の女装がいい感じだったりとか、神楽ちゃんかわいい上に髪の毛の色マジあってるとか、新八はなじみすぎてて感想すらでないとかいろいろあったりして、面白かった。

 

 ちなみに、銀さんの好きな顔は、お妙さんに殴られた後に魂半分抜けてて真顔でちょっとデブった顔がいいと思うのであった。